08 -<< 2017-09 -  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>10 -
  ようこそ! ★★ 栗原フォトクラブのブログへ ♪♪    
 

遊水地にアイガモが棲み着いた!

 各地から秋の深まりを告げる、冬鳥飛来の便りを多く耳にするようになりました。 遊水地にも何処から来たのか不明ですが、15羽の合鴨(アヒルとマガモの掛け合わせ)が、やって来ました! 風切羽が切られ(クリップ)ており、手からエサを貰うなど、人馴れしているところから、飼われていたものだと思われます。25日夜から26日早朝までの間に、捨てられたようです。(長~いペットの散歩でなければ?) ただ厄介なことに、カワセミの止まり木付近を泳ぎ回る、カメラマンの近くでエサをねだって、ガ~ァガ~ァ鳴きまわる……これがかなりうるさい。既に、遊水地に来てから6日が過ぎ、このまま棲み着いてしまうのだろうか。この合鴨騒動は、この先どうなることか…?? (取材担当:ブログ管理人加藤)

        15羽の合鴨の手配写真
 アイガモ-01

        鳥相(人相)の悪いリーダー 
 アイガモ-03
 
        不法占拠中の撮影場所
 アイガモ-02
   全ての写真は、写真の上をクリックすると拡大

追記
カワセミの止まり木が左端から、中央に移動しました。冬用の止まり木の位置になりました。 移動作業ご苦労様でした。
尚、あやせ文化芸術祭「写真部門の展示会」は、今週末の11月2日(金)~6日(火)までの開催となります。(公開時間9時~16時30分)

コメント

No title

これは、人間のご都合主義によって捨てられたアイガモですね。捨てられたのであれば、落とし物だし、捨てたのであれば、不法投棄の恐れあるのかと・・・。
どちらにせよ、カワセミの楽園であった場所に突如現れたアイガモ達。アイガモそのものには、何ら落ち度はありません。
みんなでかわいがって貰いたいと思うのですが・・・。羽も切られているようなので、飛ぶことさえできません。
寒くなってきましたので、決して鍋の材料になる事はだけは、止めて貰いたいものです。鳥獣保護法違反になるのかな?。

合鴨

アイガモでしたか。 少し色が変だなと思いました。 面白がっていいのか、困った方がいいのか、やはり困り者ですね。 しかし彼等は夢のような楽園に来たと思っているに違いない。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

クラブ紹介

栗原フォトクラブ

Author:栗原フォトクラブ
★開設にあたって……。
神奈川県にある遊水地に、野鳥好きの写真撮りが一人、また一人と集まり始めたのが始まりだった。顔見知りになった写真好きが、野鳥情報や写真談議に会話が弾み、日頃の写真の成果を発表する写真の展示会をやろうという話になり、2011年(平成23年)栗原フォトクラブが誕生した。会員17名(2012年1月末)による発表の場と今後の写真の成果や技術向上の足跡を残す場所として、2012年2月個人のブログとして開設致しました。
★会員数:平成29年09月02現在 27名★    
       ブログ担当者 加藤 
     ※現在休眠中です※

 
 
 
 
 

最新トラックバック

 
 

野鳥日めくり

 

来館者数

 

暦 (こよみ)

 

検索フォーム