FC2ブログ
10 -<< 2018-11 -  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 -
  ようこそ! ★★ 栗原フォトクラブのブログへ ♪♪    
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年は天文の当たり年!  …金星の太陽面通過撮影しました

2012年は天文当たり年!と言われるほど、注目の天体現象が多い年。金環日食、部分日食、金星の太陽面通過などなどありますが、 2012年7月15日(日)は 木星食! 木星食とは、地球と木星との間に月が入り込んで、木星が欠けて見える現象のことで、珍しい現象のことなのだとか。木星食は全国で観測することができるようですが、肉眼での観測は難しいそうなので小型望遠鏡などが必要です。時間はなんと、13時から14時頃にかけての昼間。食の最大は13時30分頃なので、この時間に超望遠レンズで月の周りを見てみると、月によって隠された木星の姿を見ることができます。今度は木星食にチャレンジしては?(撮影できたら投稿を!)
「金星太陽面通過の写真」が投稿されました。雲の流れる切れ間
から見られる太陽を見事に撮影。金星の通過の様子をご覧下さい。
 
 金星の太陽面通過①
 金星の太陽面通過②
 金星の太陽面通過③

宮田さんよりコメント>】
5月21日の金環日食と同様に、今回話題の金星の太陽面通過が西日本では良く見えたようです。台風3号が伊豆諸島沖を通過中で、座間地方では朝から雨が降っていて、7:30頃から始まる天体ショーは諦めていたのですが、お昼頃になって薄日がさすようになり、雲の切れ目から時々チラチラと姿を現して、何とか後半のショーを撮影する幸運に恵まれました。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「天文ショーの当たり年」と言われる今年、最高の天候状態で迎えられることはできないものの、必ず見られるという幸運さが続いております。金星の太陽面通過当日、朝から雨が降り続き、またダメかと諦めていました。 2117年の105年後には見られないので、今回見られてハッピーでした。投稿ございました。
日本で見られる金環日食は、2030年6月1日に北海道で、2035年9月2日には、能登半島から茨木県にかけて皆既日食(太陽が隠れる)が見られるようです。

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

クラブ紹介

栗原フォトクラブ

Author:栗原フォトクラブ
★開設にあたって……。
神奈川県にある遊水地に、野鳥好きの写真撮りが一人、また一人と集まり始めたのが始まりだった。顔見知りになった写真好きが、野鳥情報や写真談議に会話が弾み、日頃の写真の成果を発表する写真の展示会をやろうという話になり、2011年(平成23年)栗原フォトクラブが誕生した。会員17名(2012年1月末)による発表の場と今後の写真の成果や技術向上の足跡を残す場所として、2012年2月個人のブログとして開設致しました。
★会員数:平成29年09月02現在 27名★    
       ブログ担当者 加藤 
     ※現在休眠中です※

 
 
 
 
 

最新トラックバック

 
 

野鳥日めくり

 

来館者数

 

暦 (こよみ)

 

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。