08 -<< 2017-09 -  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>10 -
  ようこそ! ★★ 栗原フォトクラブのブログへ ♪♪    
 

栗原水産集魚部へ人事異動          新漁労長…違いが分かる塚田です

会員使用の魚キラー(小魚捕獲用網)より、高価な魚キラーを購入して集魚事業に積極的に参加し、楽しんでいらっやった塚田さん。
初めの頃は、一回に2~3匹しか捕れず、 高級魚キラーの不漁に嘆いていたようですが。最近では塚田さんなしでは、魚の確保ができないと会員に言われるほどとか。豊漁続きで、今年度目標漁獲高を大きく上回る成績で、四月から水産集魚部の漁労長の内示がでたとのこと。 ご昇進おめでとうございます。仕事(撮影)途中、ポットに入れた馥郁たる香りのコーヒーを飲む姿は、ただ者ではないと密かに思っていました。何事も違いが分かる男は違いますネ。やはり、違いが分かる男は、「ネスカフェ・ゴールドブレンド」 コーヒーですか?

【塚田さんの投稿文】
5年程前に泉の森をカメラ片手に散策中、池の中にある止まり木から水面に飛び込む青い小鳥を発見。周辺にはたくさんのカメラマンがおり、この青い鳥が水面に飛び込む度にシャッター音が響いていた。これが翡翠との初めての出会いであり、その宝石のような美しい姿と餌捕りのダイナミックな動きに、一瞬にして翡翠病に侵されてしまった。それ以来、手持ちのカメラとレンズはいつの間にか野鳥専用、翡翠のみを追い続けています。昨年の秋頃から、皆様とご一緒させていただき、今年2月にはクラブの写真展に参加という貴重な経験が得られた。しかも、プリンター購入する際に皆様から貴重なアドバイスが得られ、展示用の写真を自分で仕上げることができ、大変、感謝しています。最近は餌捕りも密かな楽しみです。1日の目標は30匹以上、このところ成績良好です。これも高価な派手な色の籠に、天然酵母のパンの効果と思っています。今後も栗原水産集魚部の一員として、楽しく、更に一歩でも皆様の経験と技量に近づけるよう頑張りますので、宜しくお願いします。(塚田)
以下の写真は、使用頻度の少ない300mmF4のレンズで撮りました。

塚田さんホバ
【写真のコメント
    ホバリングの躍動感を出そうと工夫し撮った一枚です。
        塚田さんダイブ
【写真のコメント
    飛び込みシーンの写真が少なく、最近の水浴びの一枚です。
     
※額に入れることができませんでした。(ブログ管理人)

写真展の時も思ったのですが、塚田さんの写真はとにかく綺麗で驚かされます。出展したカワセミの写真もA3サイズに伸ばしても十分素敵な作品だと、会員の中でおっしゃる方が多くいらっしゃいました。 今回の投稿頂いた作品も大変微細な部分まで写された写真なのですが、綺麗な画質でお見せできないのを心苦しく思っております。
ところで塚田さんは翡翠病だとか? これから翡翠病患者には、求愛・子育てなどなど、一番症状が悪化する時期だとか、くれぐれも健康にはご注意下さい。ちなみに……私には翡翠病をうつさないで下さいよ? うつす(写す)と治るのか? これは厄介な病気だ
新漁労長のご活躍を期待しております。投稿ございました。

コメント

新漁労長就任おめでとうございます。

パンパカパーン!。祝、栗原水産集魚部漁労長就任おめでとうございます。
う~ん。確かに、「魚キラー」での集魚数は、驚きです。密かな楽しみと言うのも納得です。あれだけ捕れれば嬉しいものです。私の出る番が無くなってしまいました。みんな名人が増えて良いことです。写真も見事です。NikonのNikkor 300mmも使ってあげないとキリキリと音が出てしまいますから。アハハハ。

労務部より通達

いびき庵さん、春眠暁を・・・とか? 確かに気候がよくなり、椅子に腰かけていると眠くなる。e-261 くれぐれも居眠り操業 e-261 で、池に落ちないで下さいよ。いくら、水ぬるむ季節とは言え、まだまだ水は冷たいですよ。労務部より、居眠り操業の怪我は、労災扱いにならない旨、通達が来ています。水産集魚部漁労長も操業中はご注意を! ちなみに今日、池に女の子が落ちてましたよ。

居眠り操業禁止

なに~い、子供が池に落ちたとな。
それも女の子だと。それは、危なかったですね。
水温む季節となりましたので、大人も気を付けねば。居眠り操業などは言語道断だ。

ご入会歓迎致します

本日は絶好のお天気v-278で、遊水地には9名の方がカワセミ撮影に来られました。ご一緒させて頂いた中のお一人、横田さんがクラブに入会されました。v-308ご入会を歓迎致します。会員が21名になりました。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

クラブ紹介

栗原フォトクラブ

Author:栗原フォトクラブ
★開設にあたって……。
神奈川県にある遊水地に、野鳥好きの写真撮りが一人、また一人と集まり始めたのが始まりだった。顔見知りになった写真好きが、野鳥情報や写真談議に会話が弾み、日頃の写真の成果を発表する写真の展示会をやろうという話になり、2011年(平成23年)栗原フォトクラブが誕生した。会員17名(2012年1月末)による発表の場と今後の写真の成果や技術向上の足跡を残す場所として、2012年2月個人のブログとして開設致しました。
★会員数:平成29年09月02現在 27名★    
       ブログ担当者 加藤 
     ※現在休眠中です※

 
 
 
 
 

最新トラックバック

 
 

野鳥日めくり

 

来館者数

 

暦 (こよみ)

 

検索フォーム