08 -<< 2017-09 -  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>10 -
  ようこそ! ★★ 栗原フォトクラブのブログへ ♪♪    
 
12月14日の出港から3ヵ月が過ぎ、長いと思われた102日間の世界一周旅行も残り僅かとなった。船旅が一番優雅な旅行だと言われ、また世界一周をしたいと願う人は多いだろう。だが、実際に両方を経験された方は少ないのではないだろうか? 世界一周の夢を叶えられ、素敵な思い出や体験を胸に横浜港を目指し太平洋上を航行されている筆者に、半月に一度の クルーズレポートを忘れずに送って頂いたことに感謝したいと思います。秋に開催予定の当クラブ写真展で貴重な世界旅行の写真が見られることを期待し、また25日横浜港に笑顔で帰ってこられることを祈念し、クルーズレポートの最終回と致します。ご覧頂きありがとうございました。

       ≪クルーズレポート最終回≫ 
   大津クルーズレポート⑦
        写真の上をクリックすると拡大

追記
クルーズレポートはワード形式のファイルで送られて来たものを、写真ファイルに変換し掲載致しました。読みづらい場合があったかと思いますが、不慣れと言うことでご容赦頂きたいと思います。
≪カワセミ情報≫
最近、遊水地周辺でのカワセミの行動が活発になっています。ただ、遊水地内での状況は日によって差があるようです。川沿いでカワセミを撮影しましたのでご覧下さい。

  カワセミ⑤
  カワセミ13-03-13-003
  カワセミ⑥
        写真の上をクリックすると拡大
 第六回クルーズレポートが南太平洋タヒチから届きました。心配された高所にある「空中都市マチュピチュ観光」での高山病にも負けず、地面に足の付いた(久し振りの上陸か?)世界遺産の観光を楽しんだようです。もしかして…仮装が癖になるようなことはないと思いますが…?南太平洋上を航行しながら、仮装パ-ティなどの各種イベントを満喫しているようです。長いと思われた102日間の船旅も、北北西に進路をとり赤道を通過し、約2週間を掛け横浜港を目指し航行中のようです。次回は最後のクルーズレポートになるかも知れません。半月に一度の船上からの旅先レポートをして頂き感謝しております。次回クルーズレポートも乞うご期待!

        ≪第六回クルーズレポート≫ 
      大津クルーズレポ-ト⑥
        写真の上をクリックすると拡大 

追記
クラブ会員各位
今秋、写真展を開催する旨、連絡を差し上げましたところ、会員の方から参加希望のメールを頂戴致しました。 現在、参加希望者は23名となっております。 参加希望者全員にメールを差し上げました。メールが届いていない方はご連絡下さい。写真展に向け、頑張って撮影して下さいね!! 当クラブは頑張るあなたを応援します(笑)

2月18日早朝、第五回クルーズレポートがペルー沖の太平洋上から届きました。今回のクルーズで最高齢の乗船者が92歳の男性とか。その体力と好奇心には驚かされますね。このブログが掲載される頃には、レポーターの大津さんはマチュピチュへ飛行機に乗って空の旅でしょうか。標高3,400mの高地、高山病予防には水を積極的に飲むことだとか、くれぐれも高山病には注意して下さいね。余り無理はしないように……。次回はイースター島からのレポートでしょうか、楽しみにしております。
        ≪第五回クルーズレポート≫ 
   クルーズレポート⑤
        写真の上をクリックすると拡大 

追記
遊水地に棲みついているバンを撮影して見ました。スケート姿が様になっていると思いませんか? それではまた…。
 バン

 ただいまの位置はマゼラン海峡を太平洋に向かっています。
  太平洋には出ずパタゴニアフィヨルドを北上します。
                     (2/8 12:30 大津)

四回目のクルーズレポートが2月9日に届きました。
大西洋を横断し、ブラジル・アルゼンチンを経由し、南米大陸最南端のホーン岬に向け順調に航行しているようです。航程も半分以上を過ぎ、今後は太平洋に入り北上しながら40日近い日数を掛け、 イースター島を経て日本を目指すようです。次回も楽しいレポートを期待しております。素敵な旅行が続きますようお祈り申し上げます。
       ≪第四回クルーズレポート≫
  レポート④
       写真の上をクリックすると拡大 
追記
 クルーズレポートを拝見し、これほど長い旅行は無理でも、ゆったりとした客船の旅をしたくなりますね。
 先日お知らせした「第8回ざま再発見写真コンテスト展」と「第2回綾瀬写真協会写真展」に行って来ました。会員の作品はどれも素晴らしい作品ばかりで、大変勉強になりました。
 遊水地の近況ですが、雄2羽と雌1羽が飛び回っているとのことです。大雪の翌日、カワセミを撮影したのでご披露致します。

※お知らせ※
2月11日、相模原市の方が新しく入会されました。ご入会を歓迎致します。尚、現在のクラブ会員数は27名になりました。

  カワセミ雪-01

三回目のクルーズレポート が1月21日に届きました。
1月14日頃にはアフリカ大陸のケ-プタウンを通過、大西洋に入り、現在ブラジルを目指し航行中のようです。旅の日程も約3分の1を過ぎ、地に付いた生活を懐かしむどころか、足元が揺れる海上生活がお気に召し、益々意気軒昂のようです。

 今、大西洋上をブラジルに向けて航行中、午前9時過ぎです。
一か月過ぎましたが元気に旅を続けています。アフリカを無事に
終え、1/26から待望の南アメリカになります。レポートNo3を送信します。       (1月21日18:20受信のメールより)
 

        ≪第三回クルーズレポート≫
   大津クルーズレポート第3弾
       写真の上をクリックすると拡大 

追記
明日、23日(水)から「第8回ざま再発見写真コンテスト展」が、
25日(金)からは「第2回綾瀬写真協会写真展」が開催致します。
是非、お立寄り下さい。

展示会情報
第8回ざま再発見写真コンテスト展
  中田氏入選作品「雪国の電車なの?」
  1月23日(水)~27日(日)
  ハーモニーホール座間一階ギャラリー
  開催時間9時30分~17時まで
  ※最終日は16時まで
第2回綾瀬写真協会写真展
  出展者 大津氏、松尾氏
  1月25日(金)~31日(木)
  綾瀬市役所7階の市民展示ホール
  開催時間9時~16時30分まで
  ※初日は13時より、最終日は15時30分まで

 

クラブ紹介

栗原フォトクラブ

Author:栗原フォトクラブ
★開設にあたって……。
神奈川県にある遊水地に、野鳥好きの写真撮りが一人、また一人と集まり始めたのが始まりだった。顔見知りになった写真好きが、野鳥情報や写真談議に会話が弾み、日頃の写真の成果を発表する写真の展示会をやろうという話になり、2011年(平成23年)栗原フォトクラブが誕生した。会員17名(2012年1月末)による発表の場と今後の写真の成果や技術向上の足跡を残す場所として、2012年2月個人のブログとして開設致しました。
★会員数:平成29年09月02現在 27名★    
       ブログ担当者 加藤 
     ※現在休眠中です※

 
 
 
 
 

最新トラックバック

 
 

野鳥日めくり

 

来館者数

 

暦 (こよみ)

 

検索フォーム