FC2ブログ
10 -<< 2018-11 -  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 -
  ようこそ! ★★ 栗原フォトクラブのブログへ ♪♪    
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 空梅雨かと思われるような晴天が続いておりましたが、台風3号の接近で関東地方も本格的な雨が降り出しました。水不足は困りますが、雨で家に閉じ込められる日が続くと気分が憂鬱なります。気分が滅入りそうな日が続く中、素敵なお礼メールがクラブ会員を代表して私に届きました。何度かブログで掲載しておりますので、皆様ご存知かと思いますが「国内野鳥200種撮影」を目標にしている小川さんが5月20日に目標を達成致しました。ここに記念すべき写真が届きましたので掲載させて頂きます。

 栗原フォトクラブ会員の皆様へ
私がこの「栗原フォトクラブに入会した時、見たり撮ったりした鳥の種類は約170種。 あれから約2年、この間クラブの皆さんから数々の情報を頂き東奔西走した結果、5月20日柳沢峠でコマドリをゲット。 待望の200種類にやっと到達しました。 有り難うございました。 200種の内13種は姿を見ただけ(カッコウ、ホトトギス、ブッポウソウ他)撮った中でも、参考程度の鳥が沢山有ります。 老体に鞭打ってこれからも頑張りますので、宜しくお願いします。 200種類目は「コマドリ」の雄で飾りたかったのですが、残念ながら雌でした。(差別するわけでは有りませんが)
その時撮影した鳥の写真も添付します。


   200種達成「コマドリ(駒鳥♀)」…スズメ目ツグミ科
  コマドリ♀

      コルリ(小瑠璃)…スズメ目ツグミ科
 コルリ

      カケス(懸巣)…スズメ目カラス科 
 カケス
       写真の上をクリックすると拡大

  200種類達成、おめでとうございます

 小川さんを目標に野鳥100種類撮影を目指しております。
50種類までは順調に来たのですが、身近の野鳥ではそろそろ限界が来ているようで、現在まで撮影できたのは70種類に僅かに足りません。近郊での野鳥情報がありましたら、これからも宜しくお願い致します。            (ブログ担当:加藤より)

追記
 9月3日開催の写真展に参加される方にはメールで連絡致しましたが、「写真展案内用はがき」を遊水地にて配布しております。
今月中に担当者に連絡の上、お受け取り下さい。ご協力をお願い致します。尚、会員宛メールが届いていない方がおりましたら、加藤までご連絡下さい。
スポンサーサイト
 久し振りに珍しい野鳥の写真が届きました。投稿文ではないのですが、無理やり本人の許可を頂き掲載致します。(笑)
 当ブログの読者の方はご存知かと思いますが、小川さんは野鳥撮影200種を目標に頑張っておられます。まもなく達成…かな?
ちなみに、2012年3月28日の時点では173種制覇しています。応援しております。貴重な写真ありがとうございました。
    
 八丈ツグミ
        写真の上をクリックすると拡大 

調布を流れる川に行き河川敷の草むらに居る「ハチジョウツグミ」を撮って来ました。図鑑では胸が赤いのが特徴となっていますがこれは白い。でも一緒に撮っている方が「間違いない」と言うので撮影しましたがなかなか良い場所に止まってくれない。参考迄に添付します。色の薄い個体は「四畳半ツグミ」?でも何とか一つ増えました。
(注)中途半端な色のハチジョウツグミを「四畳半ツグミ」と俗に
   言うらしい(yachoo野鳥図鑑より)
  カラス
        写真の上をクリックすると拡大 

まだまだ大台までには…。200種類は人に大いばり?で言える数では有りません。添付写真は鳥を撮っているときに、後を振り返ったらコーギーとカラスが仲良くしていたので「パチリ」微笑ましいでしょう。

追記 
 丹沢大山観光キャンペーン推進協議会主催の「丹沢大山フォトコンテスト」に応募された加賀谷さんが、作品名「全山紅葉」で「相模鉄道賞」の特別賞に選ばれました。昨年の「第5回花とみどりのフォトコンテスト」に続く入選です。おめでとうございます。

        加賀谷パンフ
小川さんの目標「国内野鳥200種制覇」を応援する企画を、当ブログ内に開設致しました。既に、約170種近い野鳥が記録されいるため、これからの残り30種は非常に難易度が高くなってくると思われます。ただ、会員にとりましては珍しい野鳥が見られ、野鳥の勉強にもなるという一石二鳥の企画です。これからもブログを通し、小川さんの「野鳥200種制覇のカウントダウン」を応援し、ウォッチしていきたいと思います。 ※ 前回の小川さんのブログ投稿は2012年3月8日になります、合わせてご覧下さい。yachoo!(ヤチョウ)オンライン野鳥図鑑によりますと、マミチャジナイの撮影難易度☆4です。カワセミ、メジロ、ヒヨドリは撮影難易度☆1でした。

【マミチャジナイ撮影報告】
スズメ目ツグミ科ツグミ属に分類される鳥。夏は中国東部、ロシア東部で繁殖し、冬季は東南アジアへ南下して越冬する。日本へは渡りの途中に飛来する旅鳥。アカハラによく似ているが目の上に白い眉状の斑紋がある。
「東京郊外にマミチャジナイが来ているから行ってみたら」と知人から情報をもらった。普段めったに見られない鳥なので早速現地へ行く。何処で聞いたか知らないが20~30人の人がいる。狭い場所なので仕切る人がいて「一人でも多くの方が撮れる様協力してくれ。前列の方は座って。後列の方は三脚で、但し通行人の方の邪魔にならない様、注意して撮ってくれ。撮り終わったらすぐ席を譲ってやって下さい」と言われる。構えると程なくお目当ての鳥が現れる。夢中でシャッターを切るが、人慣れしていて近くまで来るのでファインダー杯に写ってしまう。一時間ぐらい居て数百枚撮る。合間にはシジュウカラ、ルリビタキ、スズメ、コジュケイ、スズメ、ヒヨドリ、エナガ等々も来て楽しませてくれる。これで又一つ、コレクションが増えて173種になった。満足満足。

小川さん撮影
人事報告
この度、小川さんの申請により、 直ぐ撮る課を新設致しました。
初代課長は小川さんにお願い致しました。これからも、目標達成の記録文……よろしくお願い申し上げます。ご報告ございます。
追記
相模原市から、自転車で来られた横田さんが会員になられました。
 ご入会歓迎致します。 (平成24年3月28日現在 会員数21名
野鳥撮影者のタイプには、特定の鳥の撮影に情熱を燃やすタイ
 プと、多くの種類の鳥との出会いを追及するタイプがあるよう
 です。今回、投稿文を書いて頂いた小川さんは野鳥との出会い
 を大切にするタイプの方で、野鳥の知識と撮影への情熱・行動
 力は、クラブ内でピカ一の野鳥撮影ハンターです。
 最近撮影した中で、珍しい野鳥写真の投稿をお願いしたところ、
 非常に珍しい野鳥の写真を提供して頂きました。
   ちなみに…ソデグロヅルは絶滅危惧種だそうです?

【小川さんの投稿文】
初めて投稿します。
鳥の写真を撮り始めてのは今から約15年前。きっかけは「谷戸山公園」を散歩していた際、大きなレンズを装着して撮った「オオタカ」の写真を見せられて感激して始める。野鳥写真は記録(順光で図鑑的に)と生態(飛翔、求愛、子育て)、環境(四季の美しい風景を狙う)と有りますが、私の場合は”そんなの関係ない”行き当たりばったりで撮っています。だから展示会用の写真要請があったときは大騒ぎです。野鳥は小さい頃より好きで、中学までは「メジロ」を飼ったり捕ったりしていました。現在までに見たり、撮ったりした野鳥の種類は国内だけで約170種。目標は200種。近くの鳥は撮り尽くし、情報が入ると車は無いので電車や自転車で行く。70歳を過ぎ、体のあちこちが油ぎれとなり、重い機材を持って出かけるのはだんだんきつくなって来ていますが、何とか目標をクリアーするべく情報収集に精を出している今日この頃です。
今後とも宜しくお願いいたします。 ( 小川 )
 

小川さん野鳥写真①
【ソデグロヅル
今年、日本に2羽飛来した内の一羽。相武台前駅、朝一番の電車に乗って千葉県印西市まで行く。8時前に到着。7時前には餌場の方へ飛んで行っちゃうと言う情報が有ったのでダメかと思ったが、沢山の白鳥の中にいるのを発見。急いで撮影準備をし、撮り始めたら餌場の方へゆったりと羽ばたいて去って行った。たった1回の撮影チャンスをものに出来て良かった。これも日頃の心がけが良いせいかな?

小川さん純白ハクセキレイ
【純白セキレイ
先日「小田厚」道路の傍を流れる川に真っ白な「セキレイ」がいると言う情報入ったので行ってみる。いくら探しても見つからず、帰り支度をしている最中に、ふと後ろを見たらなんと川辺を歩いている真っ白な鳥を発見!5分程度撮らせてくれた後飛び去った。
ラッキー


野鳥撮影と言っても、行けば必ず合える訳ではなく、空振りの方がはるかに多い中、小川さんの「200種制覇」の情熱には頭が下がります。今後は撮影者の苦労を思いながら、拝見したいと思います。小川さんにエール を送るとともに、目標「野鳥200種制覇」 をウォッチ していきたいと思います。珍しい鳥のブログ投稿を、今後とも小川さんには積極的にお願いするつもりです。
小川野鳥コレクション はブログ投稿の宝…よろしく~ネ  
 

クラブ紹介

栗原フォトクラブ

Author:栗原フォトクラブ
★開設にあたって……。
神奈川県にある遊水地に、野鳥好きの写真撮りが一人、また一人と集まり始めたのが始まりだった。顔見知りになった写真好きが、野鳥情報や写真談議に会話が弾み、日頃の写真の成果を発表する写真の展示会をやろうという話になり、2011年(平成23年)栗原フォトクラブが誕生した。会員17名(2012年1月末)による発表の場と今後の写真の成果や技術向上の足跡を残す場所として、2012年2月個人のブログとして開設致しました。
★会員数:平成29年09月02現在 27名★    
       ブログ担当者 加藤 
     ※現在休眠中です※

 
 
 
 
 

最新トラックバック

 
 

野鳥日めくり

 

来館者数

 

暦 (こよみ)

 

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。